ブログ

  • 19
    Oct

    華道家川瀬敏郎

      芸術の秋のせいかいろいろなアートに心が動かされます。 本日は私の尊敬する華道家の川瀬敏郎さんのことを。     自然の景観を哲学的ともいえるように写し取り、利休のなげいれをもとに美を追求する創作活動を続けている先生の作品には心動かされます。     ピントレストでも多数紹介されていますのでぜひご覧になって秋のデコレーションの参考になさってください。       Me ka aloha pumehana,   Reiko Lewis

    Read More
  • 15
    Oct

    ハワードヒューズ ワイエア

      ハワードヒューズのカカアコプロジェクトの目玉であるワイエアコンドの完成が近づいています。 先月末から今月はずっとパンチリストといって、それぞれのユニットに不具合がないのかを調べてまわっています。 本日は21階のお客様のユニットを視察。     本当に素晴らしい景色とお部屋の出来具合に感激! 11月半ばのお部屋への家具などの搬入が楽しみです!           Me ka aloha pumehana, Reiko Lewis  

    Read More
  • 11
    Oct

    南瓜、かぼちゃ、カボチャ

      今月はハロイーンということで日本の、世界的にも知られた生ける文化財ともいえる草間彌生先生の作品について。3月にホノルルでも公開されたばかりです。     幼いころから悩まされていた幻覚や幻聴から逃れるためにはじめられた先生のアートですが、ご高齢にもかかわらず作品に取り組む姿勢とバイタリティーにはいつも感服させられます。   先生の作品を拝見するととても詩的でリズミカルな表現は自分自身のなかにあるリズムのようなものと呼応してとても惹きつけられます。尊敬できるデザイナーのお一人です。       Me ka aloha pumehana, Reiko Lewis

    Read More
  • 08
    Oct

    パークレーン ”I” 邸いよいよスタート

      アラモアナショッピングセンターの中にできる超高級コンドミニアムパークレーンのレジデンスのプロジェクトのスタートです。 パークレーンのショウルームで打ち合わせ。     どのようなレジデンスになるかデザイナー自身もワクワク。 来年の完成が楽しみです。     Me ka aloha pumehana, Reiko Lewis

    Read More
  • 04
    Oct

    ASIDデザイン賞の授賞式

      ASID(アメリカン・ソサイエティー・オブ・インテリアデザイナーズ)のデザイン授賞式のパーティーが土曜日、パシフィッククラブで行われました。 会長として最後のお仕事です。 沢山のメンバーの方々にご出席をお願いでき、かつ素晴らしい作品の数々でした。 一年間は組織の立て直しと財政の立て直しもせねばならず大変な一年でしたが、ここまで来られましたこと皆様のおかげです。 本当にありがとうございました!   Me ka aloha pumehana, Reiko Lewis

    Read More
  • 30
    Sep

    カスタムプネー

      “プネー”はハワイ語でお昼寝用のデイベッドを指します。 家具のお店で売っているわけではないのでカスタムで制作します。 今回はお客様のご要望の一つにプネーがあり、書斎においれしました。 お昼寝したくなっちゃいますよね。

    Read More
  • 24
    Sep

    ジュエリー

      インテリアデザイナーとしての仕事がしばらく忙しくてジュエリー制作に励めないでいましたが、10月1日のASIDのパーティでのサイレントオークションのためにジュエリーを作り始めました。このパーティは会長としての最後の務めになります。 今後は息抜きとクリエイティビティのパワーを上げるためにジュエリー制作の時間を取りたいと思います。   Me ka aloha pumehana,   Reiko Lewis

    Read More
  • 21
    Sep

    スマートテキスタイル素材

      スマートテキスタイルは今までのテキスタイル素材になかった新しい技術をもって開発されている素材です。例えば通信能力がある素材などです。素材によってはバイブレーションや音、熱などによって光ったり色が変わったりする素材も出て来ています。一方で過酷な環境条件、例えば宇宙旅行に役に立つような素材や保湿効果に貢献する素材や老化現象を防いだり薬の代わりに着用するようなテキスタイルの開発もすすめられています。   このような素材がどのような形になってくるのか楽しみです。そしてインテリアデザイナーとしてはどのようなアプリケーションでインテリアに使えるようになるのかも楽しみなところですね。     Me ka aloha pumehana,   Reiko Lewis

    Read More
  • 17
    Sep

    シニア向けのスタイリッシュなソファとラウンジチェア

        アメリカのシニア層が増えていくに従って住宅全体をシニアの生活に即したものにしていくご要望が増えてきています。 お風呂場をロールインシャワーなどに改造するのはもちろんなのですが、家具もそれに即したものにしていく必要があります。 例えばソファやラウンジチェアの高さです。ヨーロッパ製のソファは一般的にシートハイト(床から座るところまでの高さ)が低いものが多く、シニアの方がお座りになられるとなかなか立ち上がるのが大変なソファも多くみられます。ソファやラウンジチェアはできるだけ車椅子と同じ高さのシートハイトが17−19インチであるものをお勧めします。エレガントでデザイン性のあることで知られるホリーハントはキャスピアン・ソファや906ソファなど十分な高さのソファがあります。是非ウェブサイトをご覧ください。   https://www.hollyhunt.com/ Me ka aloha pumehana,   Reiko Lewis

    Read More
  • 14
    Sep

    商業用の布地をご家庭でも

        わが社では仕事柄、商業用の布地についてもよくご紹介を受けます。 レジデンシャル用の布地はとても上品でナチュラル素材のものが多く、手間もかけて作られているのでその分お値段もかかると同時に耐久性にかけることもあります。 そこでわが社ではお客様のお部屋の使い方によっては商業用に使われる素材を使わせていただいたりします。 例えばそれは、お子様の使用頻度の高いお部屋、ペットがおいでになられるお部屋などです。今回ご紹介するのはアーキテックス社の素材。 ビデオサイトを添付しますのでぜひご覧になってください。とても上品な素材であるのに口紅、マーカー、ワイン、ケチャップ、ボールペンなどが簡単に拭き取れてしまいます。ご入用の方は是非インテリアデザイナーにご相談ください。   http://www.architex-ljh.com/cgi-bin/cob?CPN=ultraposh&SID=1617392217570   Me ka aloha pumehana,   Reiko Lewis

    Read More