ホスピタリティ

ヴェンタスデザイン社長のルイス玲子はハイエンドホスピタリティのインテリアデザイン業界において20年近くに渡り世界的な活躍をして参りました。世界でもトップレベルのホテルやリゾートのプロジェクトを手掛けてきました。その中にはマンダリンオリエンタルホテルやケンペンスキーホテル、マリオットホテルなども含まれます。その仕事ぶりは数々の著名な業界誌やアメリカのホスピタリティショウなどでも紹介されました。
ルイスのデザインディレクションのもと、ヴェンタスのデザインスタイルは多岐に渡り、コンテンポラリーから、モダン、リゾートそして上品なクラシカルのデザインなども手掛けています。
ルイスの知識そして細やかな所まで心遣いをするアプローチは常に創造的なデザインを追求します。チームはお客様が必要とするアイデアとご予算にあった最高のデザインをご提供します。小回りの利く会社の機能はいつも効率的で協力的であり、時間とプロジェクトマネージメントに良い結果をもたらします。
人口統計上の大きな変化に伴って、世界を旅行する年齢層に変化が生まれ、ヴェンタスはエイジインプレイス(シニア対応住宅デザイン)の商品をラグジュアリーホスピタリティ市場に向けて新しい商品開発へと発展させました。それはホテルゲストの満足を促す美しいADA(Americans with Disabilities Act)のお部屋の開発です。それによってホテルの客室稼働率と平均客室単価に貢献することとなります。
ヴェンタスデザインはADA対応を含むゲストルームのデザイン設計に精通しています。エイジインプレイススペシャリストとして認定を受けているルイス玲子は、ユニバーサルデザインとADAデザインの原則を満たしながら、空間の美しさと気のエネルギーを犠牲にしないデザイン追求に情熱をそそいでいます。
多くのホテルオーナーはユニバーサルデザインによって引き起こされる種々の規制がお部屋のエネルギーと魅力を低下させてしまうことに懸念をいだいています。多くの人にとってADA客室は魅力に欠けるため、そうでない客室タイプを希望されます。ルイス玲子の経験と細かいところまで考えるデザイン姿勢は、ADAの安全性と機能性を備えながら、魅力的でかつ記憶に残るスタイリッシュなデザインを持つお部屋の創造によってホテルのRevParに貢献します。

GB-Roof-Garden_featureimage
03_Mandarin_Oriental DC_feature
mandarin2-cr
GrDeluxe Bedroom